三井不動産、大和が米で賃貸事業拡大

三井不動産、大和ハウス工業

2018年07月09日

  • twitter

富裕層ターゲットに大型物件開発

大和ハウス工業 米国テキサス州ダラス市での高層賃貸住宅開発事業「アトリエ・プロジェクト」

大手不動産会社がアメリカで大型賃貸住宅を開発し、海外事業の拡大を図っている。入居者ターゲットは富裕層で、周辺の企業に勤務する20代後半から40代のビジネスパーソンや子育てが終わった後の50代の夫婦世帯を狙う。

三井不動産(東京都中央区)は6月27日、米国の子会社を通じ、同社として初になるシアトルでの賃貸住宅の竣工を発表した。

4月に完成した『ウエストエッジタワー』は、ワシントン州シアトル市内でも高層オフィスや高級デパートなどが位置する中心に立つ。地下5階、地上39階建てで340戸の賃貸住戸が入る。8階のデッキにはバーベキューコーナー、最上階にはライブラリーやフィットネスクラブなどを設け、充実した共用部が特徴だ。地元のデベロッパーUrbanVisons(アーバンビジョンズ:米ワシントン州)との共同事業で、グループで保有運営する。

同社はグループの長期経営方針で海外展開を強化している。賃貸住宅事業においては、マーケットが成熟し安定した賃料収入を得られる米国や英・ロンドンで地元のデベロッパーと提携し物件の開発を推進。アメリカでは4棟が完成、4棟が開発中で総戸数は2500戸に上る。ロンドンでは1棟を開発、運用する。
大和ハウス工業(大阪市)は6月29日、米国テキサス州ダラス市で高層賃貸住宅開発事業『アトリエ・プロジェクト』の起工式を行った。

  • 検索
  • エネチェンジ 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ