賃貸住宅に入居者交流スペース

東京ディフェンス、ブルースタジオ

2018年07月11日

  • twitter

住戸を改修、子ども向けの遊び場に

中庭につながる開放的なデザイン

マンション・ビル管理や賃貸経営代行を展開する東京ディフェンス(東京都品川区)は、同社が管理する賃貸住宅『パティオ久が原』(東京都大田区)の1階エントランス部の住戸を共用部に改修し、コモンスペース『AGITO』(アジト)として開設した。企画・設計監理は、既存建物再生を手掛けるブルースタジオ(東京都中野区)が行い、両社の共同開発として立ち上げた。

AGITOのコンセプトは「子どものための多世代交流基地」。若い子育て世代が多い入居者の子どもたちが日常的に楽しく使える遊び場、その親同士も交流できるコミュニティーの場として企画した。
内装は円形をモチーフにし、キッチン、菜園、ゲーム、本棚、スタンプの各スペースを配置、癒やしの空間を演出している。利用は入居者に限られるが、入居者の立ち会いのもとに友人を呼んで利用するなどの使い方は可能だ。

  • 検索
  • エネチェンジ 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ