西日本豪雨で管理会社奔走

株式会社コザックス

2018年07月16日

  • twitter

「食料届けなければ」必死の訪問

浸水で家財が外に出された愛媛県大洲市の賃貸住宅(アメニティーハウス提供)

6日から8日にかけて西日本を襲った豪雨では多くの住宅が浸水し流され、賃貸住宅にも甚大な被害を与えた。管理会社は想定外の大雨災害に直面し、避難情報の発信や食糧調達、安否確認に奔走した。移動がままならないエリアでは安否確認がまだ続いている。

全住宅被害が損壊・浸水含め2万4150棟に上った西日本豪雨は、賃貸住宅にもすさまじい被害をもたらした。大手管理会社の賃貸住宅830棟以上に被害があった。被害の大きかった岡山や愛媛で管理会社は対応に追われた。

7日夕方、岡山市内に避難指示が発令される中、500戸管理する地元管理会社のコザックス(岡山市)は物件対応に奔走していた。社員総出で被害が大きいと思われた物件20棟を巡回し、入居者に安全への呼び掛けを行った。

市内北区の6階建てマンションは、約30cmの床上浸水。1階の駐車場が水に浸かり、入居者は身動きが取れない状態になっていた。住居部分の2階以上には浸水がなかったため、待機することになった。同社の石田竜也店長は「大雨がいつまで続くか分からない。とにかく食料を届けなければと思った」と当時の状況を振り返る。近くの食料品店でカップラーメンやパンを買い出し、雨や泥にまみれながら入居者に配って回った。訪問時には、安堵の表情を浮かべた入居者もいた。

「災害時は物件巡回を徹底している。非常時にこそ管理会社の質が問われる」(石田店長)

2日で96棟訪問
愛媛県大洲市では街の中心を流れる肱川(ひじかわ)が氾濫し4600世帯以上が浸水した。愛媛県内を中心に5000戸管理するアメニティーハウス(愛媛県松山市)では大洲エリアの管理物件96棟約700戸のうち、川から周辺1キロ圏内に立つ28棟約150戸が浸水した。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ