築古物件に最新機器導入

東急不動産ホールディングス,東急ホームズ

2018年08月22日

  • twitter

住環境整え入居促進

東急不動産ホールディングス(東京都港区)と東急ホームズ(東京都世田谷区)は、首都圏の木造賃貸物件を対象として『賃貸アパート応援プロジェクト』を25日より開始。内装や水回り設備の一新に加え、最新IoT機器を導入することで、物件価値の向上を図るのが狙い。

都内では賃貸物件の空室が目立っており、物件の老朽化と所有者の高齢化により、空室対策が進んでいないのが現状だ。同事業は首都圏の老朽化した木造賃貸アパートを対象に最新設備に改修する。その際、オーナーの費用を軽減する無担保ローンと一括借り上げをセットで提案。低リスクによる物件改修で、賃料収入アップを見込んでいる。対象物件は同社が管理する物件に限定せず、新規での相談も受け付けている。

周辺地域のニーズや物件の状態に合わせた改修提案を行う。間取りやデザインに配慮し耐震補強にも対応する。さらにIoT機器も取り入れ住環境を整える。

  • 検索
  • エネチェンジでんき開通代行サービス 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ