名古屋エリアで事業強化

近鉄不動産

2018年09月05日

  • twitter

賃貸分譲併設の高層物件着工

▲ローレルタワー名古屋栄(仮)のイメージ図

近鉄不動産(大阪市)は8月16日、賃貸住宅と定期借地権付き分譲住宅を組み合わせたタワーマンションを名古屋市内に着工したことを発表。分譲住宅を中心に事業展開を行ってきた名古屋エリアでアセット事業を強化する考えだ。

物件は名古屋市営地下鉄東山線「伏見」駅から徒歩約4分。21階建てRC造全124戸の『ローレルタワー名古屋栄(仮)』。定借分譲が76戸、賃貸が48戸で構成される。全戸にクリーニングや荷物の宅配サービスなど、都心のホテルに泊まるようなサービスを提供する。賃貸住戸は同社の分譲マンションブランド『ローレルマンションシリーズ』で扱う家具・家電を設置し、高級感のある室内に仕上げ、差別化する。ターゲットは経営者や医師、弁護士を想定。シニア層によるセカンドハウスとしての需要も見込んでいる。面積は29~71㎡。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 スマサポ内覧サービスの活用と若者の部屋探しトレンド 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin東京 賃貸住宅フェアin大阪 賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ