遠隔でオートロックを解錠

スマサポ

2018年10月03日

  • twitter

分譲賃貸の利用見込む

▲モニターに取り付けることで遠隔操作が可能

宅都グループで不動産業務支援を行うスマサポ(東京都豊島区)はスマートフォン操作で解錠するキーボックスと内見申し込みをウェブ上で行うシステムに、新商品『SKP(エスケーピー)(仮)』を投入する。分譲賃貸でエントランスのオートロック解錠を遠隔操作する機能を持つ。10月から試験運用を開始し、年内の発売を計画している。

『SKP(仮)』は区分マンションで賃貸している住戸が空室になったときに使用する。本体を住戸内のエントランスを操作するモニターに取り付けるだけで、スマートフォンから遠隔操作ができる。

仲介スタッフは事前にスマサポのシステムで内見を予約。現地に到着したらエントランス前で内見したい部屋の番号をオートロックのモニターで呼び出して、そのあとスマートフォンで解錠操作を行う。するとスマートフォンからの指示を受け、室内の本体が作動しモニターの開閉スイッチを押す仕組みになっている。

  • 検索
  • エネチェンジでんき開通代行サービス 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ