カプセル住戸をマンスリー賃貸にリノベ

中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト

2018年10月23日

  • twitter

インテリアは無印良品がプロデュース

▲中銀カプセルタワービルの外観は銀座の一等地で異彩を放つ

建築家・黒川紀章氏の代表作として知られる中銀カプセルタワービルの存続活動に取り組む「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」(東京都中央区)は22日、同ビルの住戸を1カ月から借りることができる『マンスリーカプセル』を開始した。賃貸運用は同プロジェクトが行い、室内のインテリアは『無印良品』の良品計画(東京都豊島区)が手掛けた。

同ビルは1972年に竣工したカプセル型マンション。現在、全140戸のうち住居利用が20室、事務所利用が40室、パーティーやギャラリーなど趣味での利用が40室で、残り40室は空室となっている。

『マンスリーカプセル』は、まず第1弾として、空室のうちA棟5階にある専有面積9㎡の1室からスタートする。利用目的は住居または事務所に限り、転貸は禁止だ。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ