登記データシステム開発

清陽通商

2018年10月23日

  • twitter

IT事業に本格参入

収益不動産売買を行う清陽通商(大阪市)はIT事業に本格参入。不動産会社などに活用してもらおうと、AIを使った登記データシステム『CERET(セレット)』の提供を15日、開始した。

登記データの収集やメンテナンス、所有者リストの電話番号の付加、登記変動の追跡などができるサービス。「ブツアゲ」と呼ばれる売り物件を探す際、これまでは登記情報を法務局で取得し、手作業でデータ化していた。加えて、日本の登記制度では、住居表示と地番の2つの住所が存在するため、照合も人の手によって行われていたり、日々変動するデータの更新作業がなかなかできなかったりと非効率だった。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ