団地の未来像を議論

都市再生機構

2018年10月24日

  • twitter

事業報告会に約400人が来場

▲シンポジウムでは約400人が熱心に耳を傾けた

独立行政法人都市再生機構(以下、UR:神奈川県横浜市)は16日、「URひと・まち・くらしシンポジウム」を大阪市内の阪急うめだホールにて開催した。同社が取り組む事業や技術研究を報告し、ハウスメーカーや不動産事業者など、約400人が来場した。

3回目となる今回は、『未来の暮らしを考える―次の時代の暮らしとまちづくり―』をテーマに、3部構成で開催。新居田滝人西日本支社長が「人口減少により、住宅を大量供給する時代ではなくなっている。多様な世代が交流できるコミュニティー形成を軸に、今後の事業を進めたい」と開催のあいさつを述べた。1部では住環境プロデュースを行うチームネット(東京都世田谷区)の甲斐徹郎代表が「コミュニティーとテクノロジーが織りなす『なつかしい未来』―自立と共生の両立とは―」と題し講演。URが管理する団地の事例を基に、入居者同士が交流する利点を話した。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ