駅前不動産ホールディングス 宿泊事業に参入

駅前不動産ホールディングス

2018年11月07日

  • twitter

久留米駅前のビルを再生

ビジネスホテルをイメージした部屋

約1万戸を管理する駅前不動産ホールディングス(福岡県久留米市)が1日、西鉄大牟田線「久留米」駅前に宿泊施設『Hotel il faro Kurume(ホテルイルファーロ久留米)』をオープンした。同グループで初の宿泊事業となる。

同グループでは2017年3月に完成した6階建て全45戸の単身向け賃貸マンションを皮切りに、駅前などの好立地で収益不動産の自社開発事業を強化している。久留米駅前は地域ニーズを考慮し、築40年ほどのビルを改修し宿泊施設として運用する。今後、鳥栖や羽犬塚でも開発を進める計画がある。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ