不動産会社の販売代理店募集強化

アロバ

2019年01月03日

  • twitter

監視カメラ録画システムの営業推進

アロバの内藤秀治郎社長

監視カメラの録画システムを提供するアロバ(東京都新宿区)は営業先拡大のため、不動産会社の販売代理店募集を強化していく。

同社は、2003年から監視カメラ事業に参入し、これまで数万台の監視カメラソフトウェアを導入してきた。

オフィスや工場、鉄道、住宅など利用場所は幅広い。

集合住宅に関しては、賃貸住宅と分譲マンションを合わせ2年間で20棟の導入実績がある。1棟当たりのカメラ設置台数は10台程度だという。

内藤秀治郎社長は「導入するシーンはいくつかあるが、多いのはアナログのカメラからデジタルに替える動きだ。築15年以上になると、監視カメラ自体の機能が古くなっている。大規模改修の際に、入れ替えを行う場合などだ」と説明した。

同社が提供するのは監視カメラの録画システムであり、カメラ自体は20メーカー500機種以上を取り扱うため、増設も容易。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ