事例に見る相続税還付

2019年01月06日

  • twitter

道路に提供した敷地部分は評価額7割控除

今回はセットバックという、敷地が接している道路が建築基準法第42条第2項道路等の4m未満の道路である場合、敷地の一部を道路として提供することで、道路幅を確保する必要がある宅地について紹介します。

現行の建築基準法の規定では、都市計画区域において敷地が4m以上の道路に接していないと、原則として建物を建てることはできません。
つまり、再建築をする場合は、通常道路中心線から2m後退しなければなりません。
この後退部分には建築ができず、利用に制限がかかるため、相続税評価においては、通常どおりに評価した価額から70%相当額を控除して評価します。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ