来店や契約のキャンセル発生

2019年01月15日

  • twitter

加盟店は付帯商品の販売に慎重な姿勢

事故発生後いち早く、専門業者による施工現場の動画を配信した 良和ハウス(広島市)

2018年12月に北海道札幌市の『アパマンショップ平岸駅前店』で発生した消臭スプレー爆発事件の影響が賃貸業界に広がっている。
アパマンショップ加盟店では事故直後、来店予約や契約のキャンセルが発生し、入居者やオーナーからの問い合わせ対応に追われた。
同事故の影響で賃貸借契約の付帯商品の一種である消臭抗菌のサービス提供を休止している不動産会社がある。

事故発生店舗を運営するアパマンショップリーシング北海道(以下、リーシング北海道‥北海道札幌市)の親会社APAMAN(アパマン‥東京都千代田区)では事故原因について詳細な情報を公表していない。
再発防止や業界の信頼回復のためにも、原因究明は急務だ。


「繁忙期前で消臭抗菌剤を大量に仕入れたばかりなのに、店舗で積極的に販売できない」と語るのはアパマンショップ加盟店社長だ。
同社は、今回爆発事故の原因となった消臭除菌スプレー『ヘヤッシュ』以外の商品を取り扱っている。

爆発事故直後の記者会見でリーシング北海道の佐藤大生社長が、120本の未使用スプレーを一度に散布したことと120本の中には顧客に散布することを条件に販売しておきながら未施工だったスプレーが含まれている実態を明らかにした。
未施工の在庫を隠すために、120本を処分したかどうかについては言及していない。

しかし、各社の報道では、この件が大きく取り上げられ、賃貸契約時に消臭除菌サービスなどを販売する不動産会社に対し消費者が不信感を抱くことになってしまった。
「当社は必ず施工をして作業完了の証明を室内に掲示するなど、まっとうに業務を行っていたのに遺憾だ。
一緒にされたくはない」と前述の不動会社社長は憤りを感じていた。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 マイナビ賃貸 NinjaLock
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ