賃貸住宅の省エネ化を推進

2019年01月28日

  • twitter

今国会で法改正案の提出目指す

国土交通省は18日、社会資本整備審議会建築分科会を開き、「今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方(第二次報告)」をとりまとめた。
建築物省エネ法改正案として今国会に提出を目指している。
今後、賃貸アパートを大量に供給する大手建設会社は、省エネ基準への適合が求められることになる。


国では地球温暖化対策計画に基づき、2030年度までに温暖化ガスの排出量を13年度と比較して26%削減することを目標としている。
18年9月からこの目標達成に向けた施策について議論を重ねてきた。

省エネルギー基準への適合が義務化されるのは、延べ床面積2000m2以上の大規模建築物と、延べ床面積が300m2以上2000m2未満の中規模建築物までで、住宅や小規模建築物は対象から外れた。
ただし、建売戸建住宅の省エネ性能向上を促す『住宅トップランナー制度』の対象を賃貸住宅にも広げる。
『住宅トップランナー制度』とは、省エネ法改正により設けられた制度だ。
現状では、年間150戸以上の分譲戸建住宅を供給する建設会社に対して、新築する住宅が一定の省エネ基準に適合することを求めている。

省エネ法が改正されると、賃貸住宅についても対象となる企業は年間供給戸数で決まる。
明確な戸数は決まっていないが、「年間150戸以上」を供給する企業が対象になる見込みだ。
例えば年間供給戸数が300戸以上となれば、対象となる企業は左の表のとおりだ。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 マイナビ賃貸 NinjaLock
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ