単身者の成約賃料安定

2019年03月04日

  • twitter

2019年繁忙期速報

本紙は繁忙期に関するアンケート調査を実施し、全国310社の不動産会社から回答を得た。

成約件数の動向として前年同期との比較で「横ばい」と答えた企業が43%と最多。
「大幅に増加」「増加」は41%で、「減少」「大幅に減少」の16%を大きく上回った。

前回に比べて顕著だったのは、対前年比の単身者向け成約賃料の下げ止まりだ。
「大幅に下落」の回答が前回は12%だったのが、今回は1%に低下した。
「大幅に上昇」は前回の20%から4%増え24%。
「横ばい」は同55%から60%と5%増えた。
大幅な下落が1割減り、横ばいや増加が増えたことから、単身者向けのマーケットが安定している状況にあると考えられる。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ