契約時の情報連携を検証

積水ハウス

2019年04月02日

  • twitter

積水ハウス 2社と協創

積水ハウス(大阪市)、KDDI(ケーディーディーアイ:東京都新宿区)、日立製作所(東京都千代田区)は3月19日、企業間で情報を連携できる基盤構築の実現に向けた協創を発表した。

第1弾として、個人情報を分散管理できるブロックチェーン技術を活用し、賃貸借契約の利便性向上に向けた共同検証を4月から行う。

今回の共同検証では、ブロックチェーンの技術と日立製作所の技術を用いて企業間の情報連携基盤を構築し、積水ハウスとKDDIがそれぞれ持つ個人情報の連携を図るという。

企業間情報連携基盤を構築することで、積水ハウスグループが保有する賃貸ビジネスに関する個人情報とKDDIが持つ通信契約に関する個人情報を本人の同意のもと、ブロックチェーンで連携。
賃貸物件の内覧から入居までに生じる入居者の内見予約、申し込み、契約書への記入といった各種手続きの簡略化を目指す。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 oosaki
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ