高齢者見守りサービスで提携

ホームネット

2019年04月09日

  • twitter

利用者が自宅外で死亡した場合も補償

 高齢者の居住支援を行うホームネット(東京都新宿区)は一般社団法人全国不動産協会(東京都千代田区)と『見まもっTEL(テル)プラス』を普及、促進する協定を締結し、3月28日よりグループ組織の公益財団法人全日本不動産協会(同)の会員への周知を始めた。

 同システムは週に2回決まった曜日と時間に、自動で利用者に電話を掛ける見守りサービス。電話を取ると、安否確認のメッセージが流れるのでガイダンスに従って対応する。出られない場合は1時間後を目安に再度電話を掛ける仕組み。それでも電話に出ない場合は、「何月何日に電話しても出なかった」といった定型文が最大5人の指定連絡先にメールで通知する。

 同サービスの特徴は利用者が亡くなった場合、100万円を上限に物件の原状回復費用や遺品整理費用が支払われる。最大50万円葬儀費用も補償される。『ワイドコース』にすると、利用者が自宅外で死亡した場合も補償の対象になる。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 マイナビ賃貸 NinjaLock
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ