収益物件選定システムの特許取得

ストレイトライド

2019年04月18日

  • twitter

投資妥当性を3つの観点で評価

 収益不動産の仲介、管理を手掛けるストレイトライド(東京都新宿区)は3日、独自の収益物件選定システム『MIKATA(ミカタ)イズム』の特許を取得したと発表した。投資が妥当な物件かどうかを、不動産の専門家や業者の基準で数値化する。同社の不動産情報提供サイト『不動産投資TOKYOリスタイル』に掲載する中古区分マンション情報で活用する。

 4月時点までに都内1750件の物件調査を行い、サイトで常時50~100件程度を公開している。登録会員数は4350人で、年間100件程度の販売実績がある。

 それぞれの物件は現地調査を踏まえ、今回特許を取得した『MIKATAイズム』により投資妥当性を判定。「収益性」「安定性」「リスク回避性」の3つの観点からの評価と、「総合評価」を、星印(5つ星満点)とパーセンテージで示し、投資シミュレーションと併せて購入希望者の判断材料となるよう提供。無料の会員登録で、ユーザーが持ち寄った物件情報を打ち込んで評価を算出できる『MIKATAイズムライト』も提供している。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 oosaki
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ