電子契約サービスに新機能

セイルボート

2019年04月23日

  • twitter

家賃債務保証申し込みを連動

電子契約のイメージ

 セイルボート(広島市)は不動産会社向けに提供している電子契約サービス『キマRoom!Sign(ルームサイン)』に新機能を追加し、15日からコスギ不動産(熊本市)の社内システムと連携し、運用を開始した。家賃債務保証会社ジェイリース(東京都新宿区)とのAPI連携が可能になり、管理物件成約後の業務が改善した。

 セイルボートは仲介店舗での来店受け付け、入居申し込み、重要事項説明の実施、賃貸借契約の一連の業務を電子的に行うことができる『キマRoom!Sign』のブラッシュアップを図っている。電子契約には、管理・仲介業務の効率化が期待できる一方で、賃貸借契約と同時に申し込む家賃債務保証、少額短期保険、緊急駆けつけサービスなど付帯商品の契約も電子化を進めなければ、効果が得られない課題がある。そのためセイルボートでは付帯商品を提供する会社と連携を進め、入居者と不動産会社にとって利便性が高い電子契約サービスの提供を目指している。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 oosaki
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ