新通信技術搭載の見守りセンサー

ガードアイ

2019年04月24日

  • twitter

ガードアイが在宅向けに開発

AC電源タイプ(写真左)と乾電池タイプ

 見守りセンサーを開発製造販売するガードアイ(神奈川県横浜市)はsigfox(シグフォックス)通信モジュールを搭載した『見守りセンサー』のプロトタイプ2機種を開発した。18日に都内で行われた介護福祉系セミナーで公表。手のひらサイズの機器で、12時間生活反応がなくなったり、緊急ボタンが操作されたりした場合に家族や居宅介護支援関係者など登録した連絡先にメールを送信。異常発生をスマートフォンで確認できる。当面賃貸マンションやアパートに入居する単身高齢者などの家族や、管理会社、家主などによる需要を見込む。

 同社は全国の介護福祉施設などに『見守りセンサー』を販売・レンタルし、2018年度は累計4500台の実績がある。人感センサーのノウハウを生かした新たな通信システム機器商品は、乾電池を使用するタイプでは電源スイッチをなくしヒューマンエラーを抑制。いったんセンサーが感知すると、再度反応するまで20秒間の無検知時間を自動延長する。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 oosaki
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ