TATERU、350件改ざん

TATERU

2019年01月15日

  • twitter

調査結果を報告「販売目標厳しく」

顧客の預金残高データを改ざんしたことが発覚した収益不動産販売のTATERU(タテル:東京都渋谷区)は2018年12月27日、特別調査委員会からの調査結果報告書と、今後の対応について発表した。発表は書面を同社ホームページ上に公開するのみで、記者会見は行わなかった。

調査結果では、金融機関に提出する顧客の預金残高に関して改ざんが実行されたと認定する案件数は350件に上った。調査対象期間の15年以降に成約した棟数2269件のうち15・4%を占める。

調査によると、2010年頃から複数の事業所で改ざんが行われていたという。特に、株式上場前の一時期において、営業職員らが特定の当時の管理部職員に対し改ざんを依頼し当該管理部職員やその部下が集中的に改ざんを行っていたことが明らかになった。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 マイナビ賃貸 NinjaLock
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ