企業研究vol.002 Good不動産 牧野修司 社長

Good不動産

2019年02月22日

  • twitter

入居募集業務でペーパレス化を実現

フリーアドレスを導入している天神イムズ店での牧野修司社長

ITテクノロジーの導入によって業務効率化を推進しているGood不動産(福岡市)は、入居募集支援システム『GoWeb!(ゴーウェブ)』やオーナー向けアプリなど自社オリジナルのシステムを開発、活用してきた。
7年間で管理戸数を約8000戸増加させた一方で、福岡の管理部門の正社員は2人しか増員していない。
システムを駆使し、パートでも管理業務がこなせる体制を構築しているからだ。
「これまでの枠にとらわれないイノベーションを起こしたい」と語る牧野修司社長に現在の取り組みを取材した。

電話やFAXが10分の1に減少

―管理物件のリーシング業務においてペーパレス化が進んでいるようですね。
牧野 2011年から改良を重ねてきた自社オリジナルの入居募集支援システム『GoWeb!(ゴーウェブ)』によって、他社仲介店舗からの電話やFAXが激減しています。

―どのようなシステムですか。
牧野 他社仲介店舗がシステム上で当社管理物件の空室状況の確認、内見予約、入居申込書や契約書のダウンロードができます。これまでFAXや電話で行っていたやり取りがシステム上で完結します。当社が休業日でもリアルタイムの状況を確認できるため、仲介店舗にとっても利便性が高く好評です。導入前の繁忙期は1日500件の物件確認の電話がありましたが、今は1日100~150件程度です。

vol2pic01.jpg
















▲定期的に社員研修を行っている

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 マイナビ賃貸 NinjaLock oosaki
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ