• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

リノベーション解体新書 バックナンバー

ブルックリンをテーマに賃料4000円増

2017年02月16日

扉の取っ手などデザイン性高め工事中に申し込み


約4年間空室だった不人気物件が、ブルックリンスタイルの改修を施したところ工事中に入居が決まった。
遠州鉄道(静岡県浜松市)が手掛けた『リヴェールA』だ。

             BEFORE
20170213_遠州鉄道01.jpg

JR東海道本線「袋井」駅から2700mの場所に立ち、比較的若年層が多く住んでいるエリアであることから、ターゲットは20~30代の単身者やDINKSに据えた。
担当者は「写真で見ただけでもテーマが伝わりやすくインパクトが強い方がターゲットに響きやすいと考え、コンセプトはブルックリンスタイルにした」と話す。

周辺物件でも不人気の2DKを1LDKに変更した。
目を引くのは、12畳のリビングダイニングの左右の壁に張っているレンガ調のアクセントクロスだ。
レンガ調のクロスと合わせ、床やキッチンの扉などは黒で統一し、大人っぽい雰囲気にした。


20170213_遠州鉄道02.jpg


CDを置けるほどの奥行きがある棚も設置。
小物などを飾って空間を自分好みにカスタマイズできるようにした。
このほか、可動式のスポットライト風照明を取り入れたり、キッチン扉の取っ手もアンティーク調のものに付け替え、細部までこだわることで差別化を図った。

入居を決めたのは、社会人女性だ。
クロスを中心とした室内の落ち着いた雰囲気や、扉の取っ手など細かな個所もデザイン性の高いものを使用している点が決め手となった。
賃料は4000円アップの4万5000円。

新聞購読のお申し込みはこちら

リノベーション解体新書最新記事

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。