• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

リノベーション解体新書 バックナンバー

DIY決め手でカメラマンが入居

2017年02月13日

アトリエ兼ねる住居にカスタマイズ


「DIYが好きな人は、センスもあるし家を大切にする。入居すると、建物の価値が上がる」。
こう話すのは、リノベーションを手掛ける中川正人商店(熊本市)の中川正太郎社長だ。

木造2階建て、136㎡の戸建て住居5LDKを土間のある1LDKに改修して、DIYやカスタマイズを自由にできる物件として募集。
これまでは持ち家だった築40年の物件が賃料9万円の設定で工事中に成約した。


             BEFORE
20170213_中川正人商店01.jpg


入居者がカスタマイズできるように天井や壁、床は下地材のままの状態で残した。
トイレを和式から洋式のものに交換し、庭にはウッドデッキを設けた。

入居を決めたのは、カメラマンの男性だ。
アトリエ兼住宅を探しており、撮影するために十分な距離が取れる広さと、自由にカスタマイズできることが決め手となった。

申し込みが入ってから、入居者の要望で1階の天井を一部抜き、吹き抜けにして光が差し込むようにした。
床や壁は入居者が自ら白い塗装を施した。


20170213_中川正人商店02.jpg


中川社長には、賃貸住宅でも、入居者のライフスタイルに合わせた物件づくりがしたいという思いがある。
「カスタマイズできる部屋に住みたいというニーズは一定数あるものの、自由にDIYできる物件はまだまだ少ない。だからこそ、こうした層にアピールできれば確実に入居が決まる」(中川社長)。

今回は、リノベーション済みや田舎暮らしができる物件などだけを扱っているウェブサイトで募集したところ、ターゲットにマッチした入居者が申し込んだ。
総工費は約450万円で、DIYの費用は別途入居者が負担した。

新聞購読のお申し込みはこちら
LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。