• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

リノベーション解体新書 バックナンバー

人が集うカフェのイメージ

2017年03月16日

対面キッチン導入し2カ月で入居


カウンターキッチンと白を基調にしたカフェ風の内装で、家賃を1万6000円増額させたのはマンション開発を行うグリップ(神奈川県横浜市)だ。

東急東横線「白楽」駅から徒歩6分の『ペガサスマンション白楽』は、築30年の鉄骨造。
20㎡の1Kで、リノベーション前は経年劣化により見栄えがさえず空室が続いた。

               BEFORE
グリップ_20170313_01.jpg

おしゃれな部屋で休日は友人と過ごしてもらいたいと、リノベーションのコンセプトをカフェ風にし、ターゲットを20~30代の社会人に設定。

廊下のキッチンを、居室内に移動し対面キッチンに変えた。
居室側の白い壁に白いタイルを貼りつけレンガ造りを思わせるデザインにした。
キッチンの前にイスを置くとカウンターテーブルとして使うこともできる。

グリップ_20170313_02.jpg

居室の壁紙は白で統一し清潔感を出した。
床のフローリングと、新しく取り付けた収納棚は、白に灰色がかった木目調で、暖かみを演出。
廊下の天井には黒のアクセントクロスが一面に貼られ部屋内部の白を印象的にする役割を果たす。

キッチンの場所を移したことで配管も工事しており、改修費用は300万円かかった。
家賃は6万4000円に設定。
募集から2カ月で、20代後半の男性美容師が成約。
使い勝手がいい対面キッチンが決め手になったという。

担当者は「東急東横線沿線をイメージした、洗練られたカフェの雰囲気を演出している」と語った。

新聞購読のお申し込みはこちら

リノベーション解体新書最新記事

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。