• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

リノベーション解体新書 バックナンバー

カウンター付きの書斎を新設

2017年04月20日

読書好きの20代夫婦が成約


埼玉県を中心に不動産事業を展開するレーベンハウス(埼玉県上尾市)は築27年の物件を改装、穏やかな光と爽やかな風が通り抜ける環境で読書ができる空間にリノベーションし工事中に入居が決まった。
賃料は4000円アップの6万3000円。

『北本パームフラット』はJR高崎線「北本」駅から徒歩5分のRC造賃貸マンションの一室。
以前の入居期間が長く設備の劣化が進んでいたためリノベーションを決定した。


             BEFORE
レーベンハウス_20170417_01.jpg

北部屋があることかつ角部屋である点に着目。
日中強い日光が差し込まず、二面採光であるため穏やかな光が包み、風通しも良い。
爽やかな風が通る中、落ち着いた環境で読書する入居者の姿をイメージしてリノベーションを行った。

間取りは53㎡の3DKから2LDKに変更。
周辺は県内中心部から離れた場所で3DK物件が乱立しており21㎡の白を基調にしたリビングを持つ2LDKにするだけで差別化につながると判断した。
ターゲットは20~30代の夫婦。

レーベンハウス_20170417_02.jpg

書斎部屋にしたのは北4畳半の1部屋。
インテリアにアカツキ材で作ったカウンターを2カ所設置し、2人で本が読める環境にした。
カウンター前には窓があり、日光のもとで読書時間を過ごせる。
カウンターの下部には本の収納箱を設置し、80冊程度の本を保管することができる。

担当者は「成約した夫婦は、共に本好きで駅近の2LDK物件であったことで入居を決めた」と語った。工事費は約180万円。

新聞購読のお申し込みはこちら

リノベーション解体新書最新記事

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。