• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

リノベーション解体新書 バックナンバー

多用途なロフトが特徴の子ども部屋

2017年05月18日

募集後10日で3部屋成約


福岡を中心に2万7000戸管理する三好不動産(福岡市)は築25年のアパート3部屋を、子供の成長に合わせて用途が変更できる空間にリノベーションし、賃料2000円アップの6万3000円で入居が決まった。
半年以上空室が続いていたが、施工後、募集開始から10日以内に全戸成約した。

              BEFORE
三好不動産_20170515_01.png

物件は地下鉄七隈線「福大前」駅から徒歩12分の『ロイヤルガーデン南片江』だ。
3LDK61.57㎡の間取りだったことからターゲットは未就学児のいる20代のファミリー層に設定した。

3部屋の内、広さ10㎡の1室を子供部屋と想定して改修。
部屋には造作ロフトを設置し、子供が小学校低学年程度のときまではベッドとして利用することができる。
以降大きくなり窮屈に感じることがあれば年齢とともに増えていく子供の荷物置き場として活用できる。


三好不動産_20170515_03.png

担当者は「ロフト用はしごは耐久性に優れており、最高80kgまで持ちこたえます。大人がよじのぼっても安心です」と話す。

リビングダイニングキッチンには、幅1.8mのシステムキッチンを設置するなど、家事もしやすくファミリー層に喜ばれるつくりになっている。

入居者は想定通り20代の3人家族。
入居の決め手はやはり造作ロフトだった。

新聞購読のお申し込みはこちら

リノベーション解体新書最新記事

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。