• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

リノベーション解体新書 バックナンバー

触覚に訴える癒やし部屋に刷新

2017年06月12日

賃料4000円アップで30代女性が成約

賃貸管理・仲介を行うフロンティアホーム(埼玉県所沢市)は築古の物件を都心で働くサラリーマンの「癒やし部屋」に改修し、1年間続いていた空室が施工後1カ月で成約した。賃料は4000円上昇の6万2000円となった。

物件は西武新宿線「新所沢」駅より徒歩7分、築28年の『パークサイドハイム』の1室で同社が空室時に購入した。
都心で働く20~30代の単身者もしくはカップルを狙い、日々の仕事の疲れを癒やせる部屋をコンセプトにデザインを考案した。

after
フロンティアホーム A01.jpg

befor
フロンティアホーム B02.jpg

間取りは和室と洋室の2DK36㎡だったが、洋室をダイニングキッチンとつなげることで10畳のリビングダイニングキッチンを持つ1LDKに変更した。
LDKの一面に張ったブルーのアクセントクロスには新素材の電子線フィルムを使った。

手触りがでこぼことしており、何気ないときに触れてみたり、もたれかかったりすることで癒やされる空間づくりを狙った。
床は光沢のあるフロアタイルを使用。「フロアタイルでダウンライトの光を白の壁紙に反射させたことで明るい空間にすることができた」と賃貸営業部の中野元貴氏は話す。

成約したのはターゲット通り、渋谷で広告関連の企業に勤める30代女性だった。入居の理由は特徴的なアクセントクロスだったという。工事費は180万円。

新聞購読のお申し込みはこちら

リノベーション解体新書最新記事

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。