• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

リノベーション解体新書 バックナンバー

天井に青空が広がる部屋

2017年07月17日


30代女性社会人が入居

管理・仲介を行うシティ・ハウジング(東京都大田区)は築24年の物件を青空をテーマに改修した。
家賃は3000円アップの6万3000円となり、工事中に入居が決まった。
『はすぬまコーポ』は東急池上線「蓮沼」駅から徒歩2分に立つ。
前入居者が5年程度入居し、壁紙や床の劣化が進んでいた。
東京都内や横浜市、川崎市などにも電車で20分圏内の交通の便が良さから、都心部で働く社会人をターゲットにした。
専有部の広さは10畳で、間取りはワンルーム。コンセプトは青空のイメージだ。天井には薄い水色のアクセントクロスを張った。壁に使用した白のクロスとは色が似通ってしまうため天井の梁部分に濃い青のクロスを貼った。天井の薄い水色と壁の白の境界線になると共に、青の強いアクセントになっている。
さらに天井には赤の2つのスポットライトを設置しており、青、赤の原色を配置した明るい印象にした。

after
シティハウジングafter.jpg

before
シティハウジングbefore.jpg

入居者は30代前半の女性社会人。入居理由は扉を開けた時に目に飛び込む梁に張った青のクロスの美しさだった。
設計の担当者は「白のクロスで空間を広がりを出し、さらに天井には空をほうふつとするブルーのクロスで空間全体に広がりを出した」と語った。
工事費は50万円だった。

新聞購読のお申し込みはこちら

リノベーション解体新書最新記事

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。