• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

リノベーション解体新書 バックナンバー

カーテンで間取りを自由に変更

2017年07月03日


家賃3万円アップし成約

住宅の設計を行う平野智司計画工房(東京都品川区)は、カーテンを間仕切りとして使うことで、生活シーンに合わせて3タイプの間取りが楽しめる部屋にリノベーションした。家賃を3万円上げた13万5000円で施工後2カ月で成約した。築27年になる『うばしまハイツ』はJR南武線「武蔵中原」駅から徒歩10分に立つ。

一昔前の和室のある3DKで、ダイニングキッチン部分は14㎡と狭く使い勝手が悪い間取りだったため、半年間空室が続いていた。横浜や都心で勤務する目新しいものを好む30代のカップルやDINKSをターゲットに想定。
約46㎡3DKをワンルームに変更し、部屋を仕切る壁の代わりに巨大なカーテンを使用した。

after
平野智司計画工房 after.jpg

before
平野智司計画工房 before.jpg

天井には部屋全体を八の字に仕切るレールを2カ所設け、そこにカーテンを取り付け、部屋を壁沿いの2部屋と、カーテン2面分が壁代わりになる部屋の3つのゾーンに仕切られるようにした。部屋を大きな一つの空間として捉え、カーテンを左右に広げ間仕切りのように使うことで、その時の生活状況に合わせ柔軟に暮らすことが可能となった。
例えば両方のカーテンを広げると20㎡のLDK、11㎡と15㎡のゾーンが出来上がる。一方カーテンを広げ、もう一方のカーテンを閉じると35㎡のLDKと11㎡のゾーンが現れる、という具合の設計だ。

工事はスケルトンの状態にし、コンクリート打ちっぱなしで天井は50cm高く、床も20cm低くしたことでスペースをさらに広く見せた。
実際に入居を決めたのは30代前半のカップル。カーテンで部屋を仕切るという斬新な部屋に魅力を感じたのだという。

設計を担当した平野智司社長は「築古の物件の外観から、このような斬新な部屋が現れるとは想像できないと思う。外観とのギャップも同部屋の魅力になっている」と語った。
工事費は約500万円。

新聞購読のお申し込みはこちら

リノベーション解体新書最新記事

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。