• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

リノベーション解体新書 バックナンバー

黄色系の畳で印象付け

2017年07月24日


30代の夫婦が入居

管理を行うアービック(千葉県市川市)は築30年の物件をポップ調の和室がある部屋にリノベーションした。
賃料は5万8000円から2000円アップの6万円となり、募集後2カ月で成約した。

『アーバンハイツ市川』はJR武蔵野線「市川大野」駅から徒歩15分と駅から距離がある物件だ。
駅から離れた物件でしかも近隣に競合物件が増加したことから、査定をしたところ、家賃が1万3000円下がることが判明。リノベーションを提案した。
「市川大野」駅から都心部まで30分程度で出ることができ、40㎡の広さがあることからターゲットは30代前半の共働きの夫婦に設定した。

6畳の和室・洋室のうち、入居者から敬遠されがちな和室部分を個性的にアレンジすることを中心コンセプトに改修。
畳は全て取り払い、黄色とベージュのリノベーション畳を敷き詰めた。2色の明るい色彩が特徴的なポップ調の畳となった。一方、照明には和紙造りのペンダントライトを使用して和の雰囲気を強調した。 

after
アービックafter①.JPG

before
アービックbefore.JPG

隣の洋室は、もともと白の壁紙で特徴のない部屋だったのが、一面には焦げ茶色のアクセントクロスを使用した。照明には赤のスポットライトを使用して、和室のペンダントライトと対照的な雰囲気を演出した。

アービックafter②.JPG

アービックafter③.JPG

実際に入居を決めたのは想定通り30代の夫婦。入居の決め手は明るい色彩のリノベーション畳だったという。
工事費は50万円だった。

新聞購読のお申し込みはこちら

リノベーション解体新書最新記事

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。