• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

リノベーション解体新書 バックナンバー

専有部全面にグリーンの壁紙

2017年07月24日


賃料1万5000円アップで成約

管理・仲介を行う矢島不動産管理(東京都練馬区)は築30年の物件を明るいグリーンのクロスをアクセントにした部屋にリノベーションした。家賃は5万5000円から1万5000円上げた7万円に設定したが、募集後1週間で成約した。

物件は西武池袋線「江古田」駅から徒歩6分の『メイプルライフ』で和室が1部屋の1DKだ。
改修前は、以前の入居者が家主に無断で猫を飼育していたため、柱や畳の傷が目立つ状態だった。

周辺には低価格の飲食店や、夜遅くまで営業するスーパーがあり、ターゲットは一人暮らしの30代前半までの独身社会人に設定した。
約25㎡の専有部は爽やかなイメージに刷新することを考え、キッチンと居室部分の壁には全面にエメラルドグリーンのビニールクロスを使用した。部屋内部は明るい印象が広がる空間となった。「周辺にはこのような緑色を使用した物件がなかったことから、差別化につながると考えた」と設計を担当した木村澄子氏は語る。後の修繕のことも考慮して量産型のクロスを使用している点もポイントだ。 

after
矢島不動産管理after.JPG

before
矢島不動産管理before.JPG

床材には白のパイン材を使用。居室内の焦げ茶の節とパイン材の茶の斑点の色味が近く、明るい色が居室内をつつむ中、緑色という落ち着いた色で空間を引き締めた。
入居したのは30代前半の独身男性。部屋に入った時の明るい雰囲気が入居の決め手だった。
工事費は約50万円だった。

新聞購読のお申し込みはこちら

リノベーション解体新書最新記事

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。