• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

注目の特集&連載

全国賃貸住宅新聞では、不動産業関係者、
不動産オーナー必見の特集記事を毎号掲載しております。
各記事の詳細は、本誌をご覧下さい。ご購読はこちらから。

  • 2017年04月25日号 new!

    ビットコイン その可能性と課題

    ビットコイン(仮想通貨)という言葉がメディアでも取り上げられるようになったが、果たして不動産事業につながるのだろうか。市場や賃貸ビジネスでの活用の可能性と課題を探る。(2017年4月24日号掲載)
  • 2017年04月17日号

    高齢者入居を促進するオーナーへの提案術

    不動産会社が高齢入居者を仲介する際に、まず考えてしまうのが孤独死などの事故だろう。そんな中、高齢入居者を積極的にあっせんしている不動産会社がある。どのようにオーナーに理解を得ているのだろうか。(2017年4月17日号掲載)
  • 2017年04月17日号

    風力発電詐欺 その実態と手口

    風力発電を行う土地や発電機のプロペラをセットで販売するライズデザインファクトリー(東京都豊島区)に対し、作野裕樹オーナーが4月1日、詐欺被害者の会を立ち上げた。会員は現在4人で、被害額が判明しているだけでも5370万円に上る。発注し入金してから約3カ月で風力発電設備が完成し稼働を始める予定が、あらゆる言い訳で先延ばしにされ、返金を求めても応じないという内容は全員に共通する。(2017年4月17日号掲載)
  • 2017年04月17日号

    今がチャンス不動産の売り方

    マイナス金利導入で不動産価格が高騰している今、資産組み換えを検討している家主にとって、今が所有不動産を売却するチャンスだと言える。売却するときのポイントについて、専門家に話を聞いた。(2017年4月17日号掲載)
  • 2017年04月10日号

    震災から1年 熊本の賃貸市場

    熊本地震発生から14日で1年を迎えるが、現地では物件不足で賃料が2000~3000円ほど上がっている。ただ、みなし仮説の入居期間である2年間が終了したときに、入居者はより安い物件へと離れ再び相場が崩れる可能性も高い。地場不動産会社から話を聞いた。(2017年4月10日号掲載)
  • 2017年04月03日号

    これからも人気上昇?インターネット設備の今

    スマートフォンの普及とウェブサービスの多様化で、年々インターネットの通信料が上がっている。これを受けて、無料インターネット設備も、今後供給件数が増えると予想される。これから導入を検討しているオーナーに向けて、ネット設備の需要の動向と、提供各社の特色をまとめた。(2017年4月3日号掲載)
  • 2017年03月27日号

    不動産会社の人材活用~主婦編~

    若年層人口が少なくなる中、新卒・第二新卒の争奪戦も激化する。採用の募集を出してもなかなか若手が来ない不動産業界において主婦人材をいかに適材適所で活用していくかが企業継続の鍵となるはずだ。各社の取り組みを紹介する。(2017年3月27日号掲載)
  • 2017年03月20日号

    2017年繁忙期速報

    2017年の繁忙期に関する調査を行ったところ、学生の部屋探しの時期が早まっている傾向や、インターネット集客の充実により終息時期も早まっている傾向などが見えてきた。(2017年3月20日号掲載)
  • 2017年03月06日号

    エコ賃貸 高断熱編

    省エネ性能表示の導入が進められる中、高断熱性能を備えた賃貸住宅も注目されつつある。だが、目に見えるものではない上に賃料が高いことなどから、入居が決まりにくい傾向がある。募集時にその良さをどう伝えていくのか課題となっているようだ。(2017年3月6日号掲載)
  • 2017年03月06日号

    震災から6年 仙台の賃貸市況

    仙台市の賃貸市況は潮目が変わってきた。郊外や築古の物件では徐々に空室が出て、入居率が下がってきている。危機感を持つ現地の管理会社を取材した。(2017年3月6日号掲載)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。