• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

注目の特集&連載(10ページ目)

全国賃貸住宅新聞では、不動産業関係者、
不動産オーナー必見の特集記事を毎号掲載しております。
各記事の詳細は、本誌をご覧下さい。ご購読はこちらから。

  • 2016年02月15日号

    人口増加の地方都市 福岡の賃貸市場 地下鉄七隈沿線

    人口を増やし続ける福岡市。中心街で続く再開発が街の魅力を増大させている。今回注目するのは「地下鉄七隈線」の延伸工事。現在の終着地・天神南から博多駅をつなぐ工事が2020年に完了する。開通による沿線の賃貸市況の変化について取材した。(2016年2月15日号掲載)
  • 2016年02月15日号

    カフェ付き賃貸

    物件の空き室をカフェとして活用することで住人や地域住民のコミュニティを形成し、物件の価値を高めているオーナーたちがいる。今回は、関西におけるカフェ付き賃貸の事例を紹介する。(2016年2月15日号掲載)
  • 2016年02月15日号

    電力自由化でどう変わる?最新レポート

    4月からスタートする電力小売り自由化に向け、各社が続々と新料金プランを発表している。賃貸管理会社傘下で参入を表明している大東エナジー、レオパレス・エナジー、大和リビングユーティリティーズは具体的な料金プランやサービスは発表していないものの、今後の動向に期待が高まっている。(2016年2月15日号掲載)
  • 2016年02月08日号

    コミュニティのつくり方

    人口減が深刻化する昨今、地方が再び活力を取り戻すための取り組み「まちづくり」が注目を浴びる。今回は、建てない建築家としていち早くまちづくりの分野で活躍したスタジオ・エルの山崎亮代表に話を聞いた。(2016年2月8日号掲載)
  • 2016年02月08日号

    ネットで少額投資を!クラウドファンディング徹底研究

    インターネットを利用して不特定多数から資金調達を行うクラウドファンディング。中でも金銭的なリターン(配当)を伴う金融型と呼ばれる手法は、新たな不動産投資の手法としても大きな注目を集めている。(2016年2月8日号掲載)
  • 2016年02月01日号

    空き家ビジネスの参入支援ネットワーク

    820万戸の空き家をビジネスチャンスと捉え、不動産、建設、造園などあらゆる業種が市場に参入している。しかし1件当たりの収益性は乏しく、すでに撤退している業者も少なくない。ここ数年でノウハウを共有する空き家フランチャイズビジネスが台頭している。その動向を取材した。(2016年2月1日号掲載)
  • 2016年01月18日号

    関西発 DIYの学び舎

    DIYしたいがどのようにすればいいのか、何を使えばいいのか分からないという人にとって、工房がDIYの手法を学ぶツールとなっているようだ。今回は関西圏にある3つの工房を紹介する。(2016年1月18日号掲載)
  • 2016年01月14日号

    地主が手掛けるまちづくり

    まちづくりと切り離せないのが地主の存在だ。地域活性により所有不動産の付加価値を高めようとする地主が現れてきている。今回は、地主によるまちづくりについて紹介する。(2016年1月11日号掲載)
  • 2016年01月05日号

    くすぶる金利上昇リスク

    昨年末に米連邦制度準備理事会(FRB)が決めた段階的な利上げ政策は、当然のことながら日本の家主にとっても対岸の火事ではない。株安や円安を引き起こすことになれば債券利回りは低下し、借入金の利息が膨らむ可能性が高くなる。家主はどう備えるべきか。事例をもとに検証した。(2016年1月4日号掲載)
  • 2016年01月05日号

    民泊 総まとめ

    2015年「民泊」は爆発的普及でブームと化した。いつから話題になったのか、そもそも「民泊」とは何か。過去からさかのぼって検証した。(2016年1月4日号掲載)
<< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15
LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。