• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

注目の特集&連載(2ページ目)

全国賃貸住宅新聞では、不動産業関係者、
不動産オーナー必見の特集記事を毎号掲載しております。
各記事の詳細は、本誌をご覧下さい。ご購読はこちらから。

  • 2017年03月06日号

    震災から6年 仙台の賃貸市況

    仙台市の賃貸市況は潮目が変わってきた。郊外や築古の物件では徐々に空室が出て、入居率が下がってきている。危機感を持つ現地の管理会社を取材した。(2017年3月6日号掲載)
  • 2017年02月27日号

    フィリピンに明日を見いだす

    東南アジア進出を果たす不動産会社が増えていく中、フィリピンに注目する企業も多い。彼らはフィリピンのどのような部分に目を向けて参入を決めているのだろうか。(2017年2月27日号掲載)
  • 2017年02月27日号

    不動産会社の人材活用~シニア編~

    「新卒が来ない・・・」不動産会社社長のため息が至る所から聞こえてくる。だが、もはや日本国内の若年層人口は右肩下がり。20代の人材争奪戦は激化するばかりだ。むしろ、これから人材が豊富になる60歳以上のシニア世代をいかに活用するかが不動産会社の生き残りを左右するともいえよう。シニアを積極的に採用する各社の取り組みを見ていこう。(2017年2月27日号掲載)
  • 2017年02月20日号

    団地から始める地域活性

    独立行政法人都市再生機構(神奈川県横浜市)の団地再生事業は地域を盛り上げる街づくりを目的とし、民間企業とのコラボレーションで行われるケースがある。どのような事業が展開されているのかを取材し、今賃貸住宅において求められる付加価値とは何かを探る。(2017年2月20日号掲載)
  • 2017年02月20日号

    どう受け入れる生活弱者

    高齢者や障害者、母子家庭など、生活弱者の入居がなかなか進まない中で、積極的に取り組んでいるオーナーや不動産会社がある。今回は、高齢者入居について紹介する。手すりの設置や見守りサービスの導入などで、転倒や孤独死を予防することが必要だ。(2017年2月20日号掲載)
  • 2017年02月20日号

    入社後に差がつく内定者研修

    2017年4月に入社を控える内定者の研修では、人材の確保や定着が難しいことから、各社は工夫を凝らしたプログラムを実施。企画力やコミュニケーション力を育んでいる。(2017年2月20日号掲載)
  • 2017年01月02日号

    2017賃貸仲介件数ランキング320社

    1位:大東建託グループ  2位:エイブル 3位:ミニミニ 4位:東建コーポレーション 5位:ハウスメイトパートナーズ 以下、2017年1月2日号に掲載
  • 2016年11月21日号

    地方都市再生への挑戦 FUKUOKA DIYリノベWEEK2016

    福岡県を縦断するように、各地のリノベーション物件を公開するイベント『FUKUOKA DIY リノベWEEK2016』が11月7~13日の7日間開催された。2回にわたり、イベントの様子をレポートする。今回は賃貸住宅のリノベーションの中でも特に注目度の高かった、久留米、大橋の3物件を紹介する。(2016年11月21日号掲載)
  • 2016年11月14日号

    留学生受け入れで満室経営

    年々増加する外国人留学生を受け入れることで高稼働を続ける物件が存在する。家主はどのような方法で入居につなげ、どのような学生が利用しているのだろうか。(2016年11月14日号掲載)
  • 2016年11月14日号

    リノベーションで管理戸数UP

    リフォームやリノベーションの提案で年間1000戸超の管理戸数増につなげている管理会社がある。投資額を分割払いにするなど提案方法を工夫し、成果を上げている。(2016年11月14日号掲載)
<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。