• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

注目の特集&連載(6ページ目)

全国賃貸住宅新聞では、不動産業関係者、
不動産オーナー必見の特集記事を毎号掲載しております。
各記事の詳細は、本誌をご覧下さい。ご購読はこちらから。

  • 2016年07月22日号

    実態を探る 自死の損害賠償請求

    物件内での自殺者の遺族に対して、管理会社やオーナーが不当に高額な請求をし、係争に発展するケースが出てきている。ただ、現段階の判例では、賠償請求は賃料の3年分と、汚損のあった原状回復費用に対しての支払いに限定する傾向にある。支払い義務のない請求を迫ることは、恐喝罪に問われる可能性もあるため注意が必要だ。(2016年7月18日号掲載)
  • 2016年07月11日号

    相続ビジネスを狙え!

    不動産会社が資産コンサルティングの強化を掲げ、相続関連のセミナーや相談会を開催するケースが広がっている。資格を取得し、勉強会などを行うことで家主との信頼関係の構築や、コミュニケーションに活用している。(2016年7月11日号掲載)
  • 2016年07月11日号

    高齢化時代の入居者受入れ術

    20年後、高齢者の単身者は762万人に上る見通しで、部屋探しをする側も入居者も高齢者が当たり前になる中、孤独市などのリスクをいかに回避し入居率を高めていくかが不動産会社にとって重要だ。部屋探し時、契約時、入居後のシーンで不動産会社ができる取り組みを紹介する。(2016年7月11日号掲載)
  • 2016年07月11日号

    事例から学ぶ家族信託

    高齢の親のために、資産管理を家族が代行することを、合法的に行えるのが家族信託だ。家主が資産の運営を任せたい相手を生前から指名できる。いくつかの事例から活用方法を紹介する。(2016年7月11日号掲載)
  • 2016年07月04日号

    外観リノベで満室経営

    『人は見た目が9割』という書籍がかつてはやったが、建物の見た目も重要な第一印象だ。空室対策や家賃下落の歯止めを目的に建物の外観をリノベーションしたことで満室にした事例を紹介する。(2016年7月4日号16~17面掲載)
  • 2016年07月04日号

    住宅から転用可能 簡易宿所の免許取得法

    住宅を改修し、簡易宿所を運営するケースが出てきた。法整備中の民泊新法では、営業日数の制限が設けられることが濃厚となった。法令を順守しつつも収益性を維持する他の手法として今後注目が集まるであろう簡易宿所ビジネスのノウハウを紹介する。(2016年7月4日号6~7面掲載)
  • 2016年06月30日号

    賃貸住宅に強い建設会社 平成27年度版年間着工ランキング

    本紙は、今月、建設会社・ハウスメーカーを対象に着工件数のアンケートを実施した。土地購入案件の比重を増やしたMDIが全国トップに躍り出た。拠点数と営業人員を増やし、新規開拓を徹底する正攻法の営業スタイルが前年比大幅増の要因となった。一方、将来の空室率上昇を見越し、物件力で勝負する会社も堅実に数を伸ばした。オーナー会の開催で顧客を囲い込む手法も功を奏している。(2016年6月27日号掲載)
  • 2016年06月13日号

    民泊ビジネス 勝ち組を狙え

    不動産会社は180日以内の民泊事業で採算がとれる可能性を模索している状況だ。旅館業法によらない民泊について、上限を180日とする閣議決定の内容を受け、マンスリー事業との併用により賃貸住宅での民泊事業を進める動きが出てきた。(2016年6月13日号掲載)
  • 2016年06月06日号

    事例から学ぶIT重説社会実験

    昨年8月から社会実験が行われているIT重説の運用ノウハウを探る。9月に第二回検討会を控え、賃貸仲介に関しては、本格運用が現実味を帯びてきた。(2016年6月6日号掲載)
  • 2016年06月06日号

    震災に強い法律相談所

    独立行政法人国民生活センターが4月28日に開設した熊本地震の被災者向け相談窓口に、賃貸契約に関する悩みが殺到している。開設から10日間で受けた電話は313件。そのうち114軒が賃貸に関するもので、多くは家賃・退去に関する相談だ。家主や管理会社はこうしたトラブルにどう対応すべきか。弁護士に聞いた。(2016年6月6日号掲載)
<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。