• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

注目の特集&連載(7ページ目)

全国賃貸住宅新聞では、不動産業関係者、
不動産オーナー必見の特集記事を毎号掲載しております。
各記事の詳細は、本誌をご覧下さい。ご購読はこちらから。

  • 2016年05月30日号

    IT仲介最前線

    今年2月にハウスコム、4月にネクストがそろって仲介業務にITを使った新サービスを発表した。IT重説の社会実験が進む中、仲介の現場が変わろうとしている。(2016年5月30日号掲載)
  • 2016年05月30日号

    沸騰!金沢ルポ

    北陸新幹線が開通してから1年が経過した。終着駅となった金沢駅周辺を中心に、賃料アップや満室の物件が出始めている。金沢の賃貸市場の変化をレポートする。(2016年5月30日号掲載)
  • 2016年05月23日号

    入居者が彩る賃貸

    入居者が自分で部屋をカスタマイズできる賃貸物件が増えている。費用はオーナーの負担で改修するケースもある。力を入れる管理会社と実際の事例を紹介する。(2016年5月23日号掲載)
  • 2016年05月23日号

    違法民泊追放記~無断転貸編

    賃借人が管理会社や家主に内緒で民泊を運営するケースがある。民法612条に抵触するため、契約を即解除することが可能だ。管理会社は契約者が勝手に民泊を運営していた場合、どのように発覚し、どのようなやりとりで解決していったのかを紹介する。(2016年5月23日号掲載)
  • 2016年05月23日号

    地震に負けない賃貸住宅の作り方②

    熊本地震に関する非木造賃貸住宅の被害を調査したところ、倒壊など立ち入り禁止となる被害を受けた建物は少数にとどまっていることがわかった。その一方で、被害を受けた建物の中には築1年のものもあった。調査対象は熊本県内の管理会社や建設会社など13社。(2016年5月23日号掲載)
  • 2016年05月16日号

    マイナス金利イロハのイ

    マイナス金利政策は不動産投資にどのような影響を与えているのか。金融機関の融資とマイナス金利との関連性を基本から考えてみよう。(2016年5月16日号掲載)
  • 2016年05月16日号

    空室犯罪の手口

    賃貸住宅の空室が犯罪に使われている。全国各地で検挙された事件から、その犯行手口を取材した。(2016年5月16日号掲載)
  • 2016年05月16日号

    地震に負けない賃貸住宅の作り方

    熊本地震により木造建物の倒壊が相次いでいるが、その原因について4つの可能性が浮かび上がっている。一つ目は被災地の下に眠る断層。二つ目は巨大震災が2回立て続けに発生したこと。三つ目は九州特有の住宅構造。中でも識者らの見解は連続での地震発生に集中している。(2016年5月16日号掲載)
  • 2016年05月16日号

    熊本地震 被災地の現実

    熊本地震から1カ月が経過したが、断水が続く地域は多い。上下水道は復旧しても、建物の中で漏水しているところもあり、避難所や車中での生活を強いられた住民の数は、益城町だけで5000人にのぼる。(2016年5月16日号掲載)
  • 2016年05月09日号

    新入社員研修の現場を探る

    賃貸業界の新入社員研修現場を取材し、企業が求める即戦力との育成方法を探った。(2016年5月9日号掲載)
<< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。