• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

注目の特集&連載(7ページ目)

全国賃貸住宅新聞では、不動産業関係者、
不動産オーナー必見の特集記事を毎号掲載しております。
各記事の詳細は、本誌をご覧下さい。ご購読はこちらから。

  • 2016年05月02日号

    熊本地震 最新レポート

    熊本や大分などで相次いでいる地震の被害が拡大している。余震の続発に加え、21日には大雨が被災地を襲い、土砂崩れなどでさらなる被害拡大が懸念されている。前号に引き続き、現地の状況について、管理会社に取材した。(2016年4月25日・5月2日合併号掲載)
  • 2016年04月11日号

    増加する移民が支える賃貸業界の未来

    2015年10月末、国内の外国人労働者数は届け出件数で90万人を突破した。2020年東京オリンピックの特需で、建設現場は今もなお人手が不足しているため、今後も外国人労働者の数は増加していくとみられる。賃貸業界への影響や、各社の対応策などを取材した。(2016年4月11日号掲載)
  • 2016年03月28日号

    合法民泊の現状と今後のゆくえ

    東京都大田区が特区民泊を解禁して2カ月が経過したが、条例は現実にそぐわない部分が多く、稼働物件はわずかだ。特区民泊での参入に挑戦する企業と全国解禁を心待ちにする関連企業がどう考えているかを取材した。(2016年3月28日号掲載)
  • 2016年03月28日号

    大阪支社発 どないや関西

    1~3月の部屋探し繁忙期。大阪市内の不動産会社を中心に賃貸仲介の成約状況を取材した。多数が「築5~10年物件が不人気」と発言する中で新たに見えてきたのが、来店客の予算の二極化傾向だった。(2016年3月28日号掲載)
  • 2016年03月24日号

    売りか 買いか 不動産投資市況のいま

    日銀のマイナス金利政策を受け、金融機関のアパートローン金利が軒並み下がっている。しかし、物件価格が高騰している今、金利の低下が不動産投資に直結するとは考えづらい。不動産投資市況の今を探る。(2016年3月21日号掲載)
  • 2016年03月24日号

    今 求められる高齢者の住居

    高齢者であることを理由に、賃貸に入居したくても受け入れてもらえない高齢者が増えている。リスクの面だけを捉えて入居を拒否するのは、高齢化が進む社会の実態にそぐわない。まずはオーナーや不動産業者が、高齢者リスクに対する知識を身に着けることが必要だ。(2016年3月21日号掲載)
  • 2016年03月14日号

    空室犯罪を防ぐ 鍵管理の現場

    不正に入手したクレジットカードの番号を使って通販サイトなどで物品を購入する特殊詐欺。その受け取りの舞台となるのは賃貸住宅などの空室だ。防ぐ手立てはあるのか。咸宜管理の問題点を検証しながら、対応策をまとめた。(2016年3月14日号掲載)
  • 2016年03月14日号

    去りゆく特需 震災5年後の仙台・郡山

    東日本大震災から5年。多くの被災者が移り住んだ宮城県仙台市や福島県郡山市では震災後の2年間、特需の影響で賃貸物件にはほぼ空きがない状態が続いた。しかし、仙台ではすでに空室率が5}~10%に拡大するなど、市場に陰りが出始めている。2都市の市況をまとめた。(2016年3月14日号掲載)
  • 2016年03月14日号

    団地再生 座談会

    2住戸を一つにつなげて1世帯とする「2戸1住戸」の事例が増えている。団地再生に取り組むメンバーが集まり、団地における「2戸1住戸」の有効性や、日本の団地再生が抱える課題について語り合った。(2016年3月14日号掲載)
  • 2016年03月07日号

    セルフ・リノベーション賃貸

    物件供給型により、空室が増加の一途をたどる昨今。物件差別化の一つの手段として、自分のライフスタイルを自らの手で住空間に落とし込むセルフ・リノベーション住戸が注目を集める。今回はセルフ・リノベーションの研究報告と実際にそこで暮らす入居者の実態をレポートする。(2016年3月7日号掲載)
<< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。