• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

亀岡大郎のトップ対談(4ページ目)

全国賃貸住宅新聞の恒例企画「亀岡大郎のトップ対談」をご紹介致します。
創刊から2009年までのバックナンバーもご覧ください。
内容は紙面をご覧ください。ご購読はこちらから。

  • 黒崎 修 社長

    2016年05月09日号

    リロパートナーズ (東京都新宿区)
    黒崎 修 社長

    2015年度に管理会社3社の株式を取得したリロ・ホールディング(東京都新宿区)。賃貸管理を成長分野に位置づけ、2019年度中に管理10万戸突破を目指す。その軸となるのはM&Aで、対象エリアは関東にとどまらず全国に広がっている。グループに加入した管理会社の統括を担うのはリロパートナーズ(同)だ。今年4月に就任した黒崎修社長に、管理戸数6万個増への戦略を聞いた。

  • 黒川 智勝 社長

    2016年04月25日号

    カニエJAPAN (愛知県海部郡)
    黒川 智勝 社長

    今年1月、蟹江プロパンから社名変更したカニエJAPAN(愛知県海部郡)は、愛知、三重を中心とする地域で8万世帯にガスを供給する。今後は、持ち家、賃貸、戸建て、集合住宅のすべてを対象として、ガスを基盤にリフォームや駆けつけサポートまで提供する絵を描く。子会社で家賃債務保証事業を行うCAPCO AGENCY(カプコエージェンシー・名古屋市)の代表を兼任する黒川智勝社長に聞く。

  • 小田 慎三 社長

    2016年04月18日号

    スマサポ (東京都豊島区)
    小田 慎三 社長

    昨年9月、関西の大手管理・仲介会社宅都(大阪府大阪市)と、通信大手の光通信(東京都豊島区)が、管理会社の営業代行を全国の管理会社から引き受ける。この繁忙期、グループの宅都で仲介した顧客に対し、ウォーターサーバーかインターネット回線の付帯商品を販売した成約率は3割に達した。強い営業部隊を率いるのは、宅都ホールディングスの常務を兼任する小田慎三社長だ。

  • 花岡 裕之 社長

    2016年04月04日号

    プリベント少額短期保険 (東京都中央区)
    花岡 裕之 社長

    法的トラブル発生時にかかる弁護士費用を補償する「弁護士費用保険Mikata(ミカタ)」を2013年7月に発売。加入者は1万人を超え、家賃滞納や騒音、原状回復など、トラブルが絶えない賃貸経営オーナーの加入も増加している。「法律相談をもっと身近にしたい」と日本初という保険商品の開発に尽力した花岡社長に、経緯と今後の事業展開を聞いた。

  • 場家 崇文 社長

    2016年03月14日号

    リエゾン・アーキテクツ (東京都渋谷区)
    場家 崇文 社長

    相続対策、資産運用、年金対策など不動産投資の目的はさまざまだ。 しかし、多くの投資用不動産サイトは、物件概要や利回りなどの情報しか掲載されていない。 「投資目的にあった情報が投資家に届いていない」と考えた、リエゾン・アーキテクツ(東京都渋谷区)の場家崇文社長は、ITを駆使して売り手側と買い手側の情報の非対称性を解消していくことを目指す。

  • 篠原 俊裕 社長

    2016年02月08日号

    エース賃貸少額短期保険 (東京都品川区)
    篠原 俊裕 社長

    賃貸住宅向け家財保険トップシェアを誇るエース保険の子会社として設立されたエース賃貸少額短期保険。改正保険業法施行を控えた保険業界にあって、今後どのような事業展開を模索しているのか。篠原俊裕社長に話を聞いた。

  • 絹川 善隆 社長

    2015年12月21日号

    絹川商事 (石川県野々市市)
    絹川 善隆 社長

    今年創業45周年を迎えた石川県の老舗不動産会社、絹川商事(石川県野々市市)。建築部門を武器に約3000戸の管理を受託している。昨年、3代目社長として就任した絹川善隆社長は、従来の賃貸管理会社の枠組みにとらわれず、町づくりを視野にいれて展開している。来年以降はこれまでのオーナーとの関係強化に加え、入居者向け企画を打ち出し、入居者との関係強化にも注力していく。

  • 山田 輝昭 社長

    2015年12月14日号

    ダイワホームズグループ (大阪府大阪市)
    山田 輝昭 社長

    投資用マンションの販売で始まった不動産業界でのキャリアは25年。賃貸市場を知り尽くした男は、今、外国人の仲介で全国の同業者から注目を集める。川西、宝塚、伊丹、三田、神戸、大阪に構える7つの仲介店舗と中古住宅から収益用不動産まで、幅広く構えるダイワホームズグループを率いる山田輝昭社長に聞く。

  • 山根 太郎 社長

    2015年12月07日号

    サンワカンパニー (大阪府大阪市)
    山根 太郎 社長

    建築内装材の輸入や自社製品の開発、キッチンや洗面ボウルなど住宅設備の企画・開発を手掛けるサンワカンパニー(大阪府大阪市)。約5500アイテムをインターネットで販売し、「誰が購入してもワンプライス」という建築業界初の流通システムを構築した同社。現在、国内だけではなく世界市場へも販路拡大を目指す山根太郎社長に話を聞いた。

  • 舘林 真一 社長

    2015年11月24日号

    SQUEEZE (東京都港区)
    舘林 真一 社長

    関連業者の参入が後をたたない民泊事業。なかでも宿泊利用者へのメール対応や鍵の受け渡し、物件清掃などを受け持つ「運用代行会社」が増えるなか、それらとは一線を画すサービス提供でサポート物件数を増やしているSQUEEZE(東京都港区)舘林真一社長に話を聞いた。

  • 萩原 利男 社長

    2015年11月16日号

    壁紙革命 (東京都多摩市)
    萩原 利男 社長

    賃貸住宅には欠かせないリフォームだが、中でも壁紙は汚れや傷、色味の変化が見えやすく、退去発生時には全体的に張り替えるのが一般的だ。壁紙革命(東京都多摩市)の萩原利男社長によれば、年間に張り替えで廃棄される壁紙の送料は面積換算で3億5000万㎡にもなるという。その現状に疑問を感じた萩原社長は、独自開発の塗料と工法を家主に提案する。

  • 清田 幸弘 代表

    2015年11月09日号

    ランドマーク税理士法人グループ (神奈川県横浜市)
    清田 幸弘 代表

    横浜市緑区台村町の一角にかつて3町歩(9万㎡)にも及ぶ土地で農業を営む長男として生まれたのが、ランドマーク税理士法人を率いる清田幸弘税理士だ。事業の根幹にあるのは父親とともに、清田家の資産の見直しに奔走した経験だそうだ。

  • 豊崎 優 社長

    2015年11月02日号

    アクシアプラス (大阪府大阪市)
    豊崎 優 社長

    アクシアプラスが得意とするのは戸建賃貸での土地活用だ。もともと、建築業とは無縁の場所から社会人生活をスタートさせた豊崎社長が、どのような経過を経て現在に至ったのか、また、なぜアパート・マンションではなく戸建賃貸を提案するのか、経歴や経営のこだわりについて聞いた。

  • 土屋 武利 社長

    2015年10月26日号

    創和ネクスト (東京都世田谷区)
    土屋 武利 社長

    家業の質屋から家主、そして不動産業者へと身を転じた土屋武利社長が率いる創和ネクスト(東京都世田谷区)。質屋業界の歴史にその名を刻みこむ女性経営者・鈴木よし氏の「スズヤ」で番頭を務めた経験もあり、同氏への取材経験も豊富な亀岡大郎氏との対談は大いに盛り上がった。

  • 長田 修 社長

    2015年10月19日号

    長栄 (京都府京都市)
    長田 修 社長

    京都の老舗地場管理会社といえば、長栄(京都府京都市)だ。創業35年の同社の賃貸住宅管理戸数は2万戸を突破。「賃貸管理業はサービス業だ」が口癖の同社創業者の長田修社長のもと、事業を拡大している。長田社長には、1992年に対談に登場してもらっており、今回で2度目。今回の対談では大きな転換期を迎えている賃貸管理業のあり方について、盛り上がった。

  • 古賀 武満 社長

    2015年10月13日号

    オージーオー (福岡県福岡市)
    古賀 武満 社長

    住宅宅地開発から家賃・家電レンタル、モデルルーム設営、賃貸管理などさまざまな事業を展開するオージーオー(福岡県福岡市)。かつて福岡相互銀行にて四島司氏の下で支店長を務めた古賀武満社長が、事業について語った。

<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。