• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

亀岡大郎のトップ対談(5ページ目)

全国賃貸住宅新聞の恒例企画「亀岡大郎のトップ対談」をご紹介致します。
創刊から2009年までのバックナンバーもご覧ください。
内容は紙面をご覧ください。ご購読はこちらから。

  • 滝沢 潔 社長

    2015年10月05日号

    ライナフ (東京都港区)
    滝沢 潔 社長

    ライナフといえば、本紙で何度か取り上げてきたスマートロック「ニンジャロック」の開発・販売を手掛けるベンチャー企業だ。鍵の受け渡しという業務を簡略化できる同商材を使用した、空室の時間貸しシステムをこの度、構築した。滝沢潔社長から今後の展開や思いを聞いた。

  • 添田 智則 社長

    2015年09月28日号

    朝日火災海上保険 (東京都千代田区)
    添田 智則 社長

    独自の商品企画で存在感を見せる朝日火災海上保険の添田智則社長が登場。10月から販売開始する賃貸入居者向け火災保険にかける思いのたけを語る。一方、野村證券グループを親会社とする同社だけに、野村に関しては一家言ある亀岡大郎氏と、ざっくばらんに語り合った。

  • 永田 輝彦 社長

    2015年09月24日号

    プリマ倶楽部 (神奈川県横浜市)
    永田 輝彦 社長

    「連帯を求めて孤立を恐れず。代表としてつき進んでいきたい」。今年4月、FCネットワーク「プリマ倶楽部」加盟店を集めた総会で、永田輝彦社長はそう挨拶した。内廊下を備えた女性専用アパートで他物件との差別化を図り、97.4%という高い入居率を実現する「プリマ」を全国11社の加盟店を通して建築。「年間建築棟数の上限を定め、質の高さを維持したい」と戦略を語る。

  • 岡村 三生 社長

    2015年09月14日号

    全日ラビー少額短期保険 (東京都千代田区)
    岡村 三生 社長

    今年3月に設立した全日ラビー少額短期保険。業界的には後発だが、出資元は東京都不動産協会だ。一般社団法人が母体となるケースは業界初で、それ自体が強みになっている。このたび、都庁で39年勤めていた岡村三生氏が社長に就任した。今後の展開を聞いた。

  • 岡崎 慎一 社長

    2015年09月07日号

    積水テクノ商事東日本 (東京都中央区)
    岡崎 慎一 社長

    床化粧材や屋根断熱材などの住宅建築資材などの販売を行う積水テクノ商事東日本。室内物干し竿や外壁材から粘着テープといった幅広い製品を取り扱い、自社開発製品も手掛ける同社、岡崎慎一社長に話を聞いた。

  • 山本 久雄 会長

    2015年08月31日号

    一般社団法人日本シェアハウス協会 (東京都杉並区)
    山本 久雄 会長

    2010年、日本初のシェアハウス業界団体として立ち上がった一般社団法人日本シェアハウス協会(東京都杉並区)。全国に142社の会員を抱える組織だ。発起人であり代表を務める山本久雄会長が注力するのはシェアハウスそのものの普及だけではない。超高齢化社会における地域活性化の観点から新しい住まい方のビジネスモデルを次々と提唱している。

  • 松川 竜也 社長

    2015年08月24日号

    ダンゴネット (東京都国分寺市)
    松川 竜也 社長

    賃貸管理ソフト・システムの老舗メーカーの一つ ダンゴネット(東京都国分寺市)。1998年に発売、圧倒的なコストパフォーマンスをウリにした「DB lease」(後の賃貸名人)は、累計3500本を超える販売数を誇り、業界トップクラスのシェアを誇る。二代目社長として辣腕をふるう松川竜也社長に話を聞いた。

  • 山口 芳紀 社長

    2015年08月10日号

    アールデザインスタジオ (静岡県静岡市)
    山口 芳紀 社長

    静岡県で賃貸リノベーション事業や賃貸経営コンサルティング事業などを手掛けるアールデザインスタジオ(静岡県静岡市)。かつてプロサッカー選手を目指した山口芳紀社長が、人生の転機や今の事業にかける想いなどについて語った。

  • 福田 功 社長

    2015年08月03日号

    洋館家 本店 (栃木県鹿沼市)
    福田 功 社長

    戸建賃貸のブランド「洋館家」を展開する洋館家本店(栃木県鹿沼市)。13年前に自社ブランドとして立ち上げ、さらなるコスト削減を目指し、8年前からネットワーク企業の募集を開始。部材の一括購入でコストを削減することに成功し、全国で1640社がつながる巨大ネットワークとなった。福田功社長を迎える。

  • 武藤 英明 社長

    2015年07月27日号

    日本管理センター (東京都千代田区)
    武藤 英明 社長

    サブリースといえば、通常、新築に対して受託するものだが、リノベーション物件のサブリースも積極的に行い、規模を拡大しているのが、日本管理センター(東京都千代田区)だ。現在、全国47都道府県で6万2546戸の物件をサブリース。昨年9月に東証一部上場を果たし、近年はサービス付き高齢者住宅の受託にも注力している。今回は同社武藤英明社長に、同社の強みと今後の展望について話を聞いた。

  • 前山 亜杜武 会長

    2015年07月21日号

    AT&BROTHERS グループ (東京都港区)
    前山 亜杜武 会長

    22年前、札幌で着物の販売業で独立を果たした青年は、飲食業への参入をきっかけに、新しい事業への挑戦を繰り返し、今では11の事業会社、約300人の社員を率いる。傘下の日本スマートハウジング(東京都港区)は、住宅用太陽光パネルやオール電化住宅設備の販売で急成長し、創業から10ねんで年商32億円に達した。前山亜杜武会長を迎える。

  • 田中 辰吾 社長

    2015年07月13日号

    バッファロー・IT・ソリューションズ (東京都中央区)
    田中 辰吾 社長

    スマートフォンやタブレットPCなどの普及で急速に需要を増やしつつある、無線LANサービス。賃貸住宅向けのWi-Fi提供会社として、いち早くサービスを開始したバッファロー・IT・ソリューションズから田中社長が登場だ。

  • 曽根 恵子 社長

    2015年07月06日号

    夢相続 (東京都中央区)
    曽根 恵子 社長

    相続対策は税理士や弁護士の専門であるというイメージが強い。しかし「相続人に最も近い立場にある不動産関係者こそ、最適な提案ができる」と、夢相続・曽根恵子社長は考える。新たな取り組みとして「相続コーディネート実務士養成講座」を開設。信頼される相続コーディネーターを全国的に増やしていきたいと考える曽根社長に話を聞いた。

  • 秋元 憲一 社長

    2015年06月29日号

    別所不動産 (埼玉県さいたま市)
    秋元 憲一 社長

    武蔵浦和で2000戸を管理する別所不動産(埼玉県さいたま市)は、創業47年の老舗不動産会社だ。父親が他界した29歳のときに不動産事業を開始した秋元憲一社長は、現在直面している空き家問題や物件過剰問題をどう捉えるか。同社の経営戦略とあわせて、話を聞いた。

  • 鹿島 秀俊 社長

    2015年06月22日号

    リベロ (東京都世田谷区)
    鹿島 秀俊 社長

    リベロ(東京都世田谷区)は、2009年に設立し、新生活の総合コンサルティングを行っている。不動産会社に代わって入居者に向けて引っ越しにかかわるサポートを行う。設立当初から行うインターネット環境調査の他に、引っ越し一括見積や社宅代行サービスを提供している。年内には、取扱い数が100万件を超える見込みだという。2012年に社長就任した鹿島秀俊社長に話を聞いた。

  • 西浦 明子 社長

    2015年06月15日号

    軒先 (東京都目黒区)
    西浦 明子 社長

    店舗前や、空き地、屋上、駐車場などの空きスペースを利用希望者に仲介するサービスを展開する軒先(東京都目黒区)。店舗を借りず小さなスペースで物販を行いたいという小規模事業者のニーズに合致し、ほぼ口コミでユーザー登録数4000社まで増やしてきた。いまやスペース貸し事業の先駆者ともいえる同社の西浦明子社長に話を聞いた。

<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。