亀岡大郎のトップ対談

まちづくりで地元活気づけたい 仲内 悦治 社長

ナビック

兵庫県西宮市

2018年05月21日号

  • twitter
仲内 悦治 社長

阪神間で土地活用の提案を行うナビック(兵庫県西宮市)。戸建て賃貸住宅『ナビキューブ』が好調で、建設中に入居を決め、今も住み続けているオーナーがいるくらい居心地の良い物件を提供している。また、最近ではリノベーションにも注力し、常に満室にしている。「次の目標は、地元宝塚の街づくり」と話す仲内社長に話を聞いた。

戸建て賃貸9割超10年入居

亀岡 ご無沙汰しています。対談は10年ぶりでしょうか。賃貸住宅新聞社が主催した読売カントリーや城陽カントリー倶楽部でのコンペにもお見えになっていましたね。

仲内 コンペの際は、たしか先生と一緒に回りました。当時と変わらずお元気そうですね。対談のほうは、11年前の2007年、仲内工務店から現在の社名に変更する直前にしていただきました。NEW VALUE AND IMPRESION CREATORS の頭文字をとった『ナビック』になってからは初めてお会いします。

亀岡 またコンペをする際はぜひお越しください。ところで社名がずいぶん変わりましたね。それでは工務店から、何の商売をやっているか一目で分からないですよ。事業の方向性を変更したのですか。

仲内 賃貸住宅の建設が好調だったある日、とある上場企業の社長に「地主の金で家を建てて、賃貸人が入居することがゴールになっていないか。自分たちだけが良かったらいいと思うのではなく、先を見据えろ」と叱咤激励を受けました。そうやって事業をしているつもりはありませんでしたが、着工中や竣工して入居者が決まったら一安心していたな、と胸をつかれた気分になりました。そこで「新しい価値と感動を想像する」会社にしたいという思いを込めて社名変更したのです。

対談.jpg

亀岡 建設会社に求められるのは、長期的なビジョンのもと、いかに長く入居してもらえる住宅が企画できるかです。この先、人口は確実に減少しますが、物件の供給がストップするということはありません。他社と差別化を図るためには、建設後のサポートや、しっかりした事業提案がより重要になってくるでしょう。

仲内 悦治 社長

ナビック

仲内 悦治 社長

1960年2月18日兵庫県宝塚市生まれ。大阪工業大学建築学科卒業。伊丹市の建設会社に入社し工事、営業を行い役員に就任する。その後、実家の仲内工務店を手伝い、1995年引き継ぎ法人化。株式会社を設立し、代表取締役に就任する。2007年、ナビックに社名変更する。趣味はゴルフ。

ナビック
本社所在地 : 兵庫県西宮市生瀬東町15番20号
設立 : 創業1966年10月、設立1995年4月  資本金 : 2000万円円
事業内容 : 土地活用の提案、リフォーム・リノベーション、賃貸管理
経済評論家 亀岡大郎氏のサムネイル画像

経済評論家 亀岡 大郎

大正15年京城生まれ。新大阪新聞経済部長を経て、経済評論家となる。文藝春秋、サンデー毎日など一流紙で、経済・財界問題を中心に、精力的な活動を続ける一方で「自動車戦争」「ゲリラ商法」「IBMの人事管理」などベストセラー多数。

  • 検索
  • マイナビ賃貸
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin東京

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ