亀岡大郎のトップ対談

売買から主力事業を賃貸にシフト 佐藤 洋 社長

豊後企画集団

大分市

2018年12月03日号

  • twitter
佐藤 洋 社長

賃貸住宅約7000戸、駐車場3000台を管理する豊後企画集団(大分市)。2代目の佐藤洋社長は新卒採用と人材教育に注力し、主力事業を売買仲介から管理・賃貸仲介にシフトしてきた。
入居率94%を維持し、資産コンサルティングを強化することで管理戸数の拡大を目指す。「企業の価値を高めていくことが経営者の役目」と語る佐藤社長に今後の事業展開を聞いた。

旅行業界から転身突然の社長就任

亀岡 大分から来たそうですね。

佐藤 大分市内を中心に賃貸住宅約7000戸、駐車場約3000台の管理と、仲介事業を手掛けています。私は2代目で、父が創業した会社を継いで12年目になります。

亀岡 かつて大分合同新聞にはよく行きましたよ。今でも地元で一番購読されている日刊紙で、長野一家が経営しています。同じように、佐藤社長も父親の会社を継いだのですね。いつ会社を継ぐ決心をしたのですか。

佐藤 29歳のころです。子供のころは親の会社を継ぐつもりはありませんでした。大学を卒業後、旅行代理店のHISで働いていたのですが、売り上げから労務面まで店舗運営を任されていたので、経営に関心が向くきっかけになりました。会社を継ぐ決意を固め、大和ハウスに転職し不動産事業を学んでから大分に戻りました。

亀岡 事業承継は順調でしたか。

佐藤 それが突然でした。私が大分に戻って入社した数日後に父は心筋梗塞で他界したのです。前日までいつも通り元気だったので、とても驚きました。

亀岡 突然、会社のかじを取ることになったわけですね。苦労も多かったでしょう。

佐藤 社長に就いた2007年4月当時は売買仲介が売り上げの8割を占めており、会社にビジョンや理念がなく個人プレーヤーの集団のような状態でした。愛社精神と志を持って働ける職場にしたかったので、毎年新卒採用することを決めました。そのためには賃貸仲介と管理を伸ばしていく必要があると思い、主力事業をシフトチェンジしていきました。

770305p-(1).jpg

佐藤 洋 社長

豊後企画集団

佐藤 洋 社長

1975年10月30日生まれ。大分県別府市出身。中学、高校では野球に打ち込み、埼玉県の獨協大学に進学するも2年で退学。英ロンドンのチチェスター大学に進学し、卒業後はHISに入社。語学力を買われ佐世保支店で店舗運営を任される。不動産会社を継ぐ決意を固め、2004年6月に大和ハウスに入社し07年3月まで勤務。同年4月に豊後企画集団に入社、社長に就任した。

豊後企画集団
本社所在地 : 大分市王子南町5‐6
設立 : 1978年4月  社員数 : 105人  資本金 : 1000万円
事業内容 : 賃貸住宅の管理・仲介、売買仲介など
経済評論家 亀岡大郎氏のサムネイル画像

経済評論家 亀岡 大郎

大正15年京城生まれ。新大阪新聞経済部長を経て、経済評論家となる。文藝春秋、サンデー毎日など一流紙で、経済・財界問題を中心に、精力的な活動を続ける一方で「自動車戦争」「ゲリラ商法」「IBMの人事管理」などベストセラー多数。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ