20人限定 リノベーションセミナー開催

リノベーションによる空室解消を提案するモダンアパートメント(大阪市北区)は2月12日、ハービスOSAKAにて、「リノベーションノウハウ大公開・シークレットセミナー」(限定20名)を開催した。
設立3期目にして120室以上のリノベーション実績を持つ同社のビジネススキーム、ノウハウを公開。コストを抑えながら最大の効果を得るための手法、同社が考える賃貸住宅におけるリノベーションのあり方などについて、渡邊勇三社長が講演した。
終了後は同社がプロデュースした4物件を見学するバスツアーも開催。特に店舗付き住宅をバイク用のガレージ付き賃貸住宅にリノベーションした「高殿ガレージハウス」には、見学者から大きな注目が集まった。
同社は設計事務所や工務店とのネットワークを利用した低価格のリノベーションを武器に展開。プロデュースした物件は2カ月弱で空室が解消、その入居状況は98・2%となっている。

関連記事