国内3位のケーブルTV子会社化

ジュピターテレコム(東京都港区)は08年12月10日、メディアッティ・コミュニケーションズ(東京都港区)の全発行済み株式を取得し、連結子会社化したことを発表した。
ジュピター社は国内最大手のケーブルテレビ局統括運営会社。札幌から関東、九州で18社、41局を運営。約291万世帯にケーブルテレビ、インターネット、電話等のサービスを提供している。成長戦略の柱としてケーブルテレビ事業者への出資を続けてきた。メディアッティ社は加入世帯数で国内第3位の規模をもつ。売上高は146億3000万円(2007年12月期)、シティテレコムかながわ、宮城ネットワーク等、関東地域のケーブルテレビ事業社6社を連結しており、その展開エリアはジュピター社既存のサービス提供エリアと隣接していた。そのため、子会社化により設備の共用、番組の共同購入などで運営コストを低減し、営業や広報活動を効率的に行うことが可能となる。
子会社化した後、サービス世帯数は1210世帯に拡大する。

関連記事