中国で4件目の開発

大和ハウス工業(本社 大阪府大阪市)は、11月26日、中国の無錫市新区呉博園の不動産開発用地を落札した。今後不動産開発を行っていく。
同社はこれまでにも中国の大連市や蘇州市において分譲マンション、商業店舗の販売を行っており、今回の不動産開発は中国に置いて同社が行う4番目のプロジェクトとなる。
無錫市において日系企業が独資で不動産開発を行うのは今回が初めて。敷地面積約8・2万平方m、戸建て住宅約150戸、マンション約250戸、総戸数約400戸の大規模プロジェクトで、スケルトン販売が一般的な中国においてすべて内装つきで販売する予定だ。ターゲットは中国の沿岸部江蘇省に住む高額所得者だという。

関連記事