サブリースの対象を全国に拡大

賃貸管理の明来(大阪府中央区)はサブリース事業の対象を全国に拡大する。
同社は大阪を中心とする関西や福岡、愛知県などでサブリース事業を展開しているが、今年発足した賃貸リフォームフランチャイズ事業を通じて全国にネットワークが構築できたことを受けて、サブリースの全国拡大へ乗り出した。
同社のサブリースは中古物件も対象としていること、1〜3年分の家賃前払いに対応すること、1戸単位から借り上げること、室内設備・リフォーム代まで保証の対象とすること、事務所・店舗・レジャービルなどもサブリース可能などの特徴がある。他社にないさまざまなサービスを打ち出すことで設立から13年で800棟以上借り上げてきた。
また、建物だけでなく駐車場のサブリースも全国に拡大する。マンション下の駐車場だけ、1台分あるいは1分からでも借り上げるほか、経営自体のコンサルティングも行う。
「リフォームフランチャイズを通じて構築したネットワークを生かし、原状回復やリフォーム、メンテンナンスなどを低価格で提供できるので、設備修理コストの削減を図る上でも効果的です」(藤田精社長)

関連記事