リノベ商材提供に関する業務提携に基本合意

アパマンショップホールディングス(東京都中央区)と住生活グループの主要事業会社であるLIXIL(リクシル/東京都江東区)は、11月1日にリノベーションに関する商材の提供に関する業務提携に向けた基本合意をした。
提携内容は、「賃貸アパート・賃貸マンションのリノベーションに関係する建築商材等の提供」。業務提携内容の具体的な検討に入り、事業提携契約を12月31日に締結する予定だ。
現在、アパマンショップではアイドルグループAKB48を起用した「アパマン48キャンペーン」を展開しており、同キャンペーン企画「AKB48ボイス部屋」のオリジナルリフォーム1000室において、建築商材提供およびリフォーム工事の窓口をリクシルに一本化する。この案件を皮切りに、今後全国のアパマンショップグループの管理物件に関する新規受託を進めていく。
リクシルは今後も、賃貸管理会社向けに建材・住宅設備の供給を強化していく方針。今回の業務提携を足がかりにリフォーム、リノベーション需要に広く応えていく。

関連記事