高齢者住宅向けエアコン発売

ダイキン工業(本社 大阪府大阪市)は、高齢者住宅対応型のエアコンを4月に発売した。操作が簡単で、かつ「冷え過ぎ」や「暑過ぎ」を防ぐ機能が特徴。商品名は、「ラクエア」。
室内が高温高湿になり過ぎると温度センサーが検知し音声で通知、または自動的に冷房運転を開始し、室内の温度を一定に保つ。これは、高齢者が室内で熱中症や脱水症状などに陥る事故が多いことから開発された。
高齢者ほど節電を意識するあまり我慢してエアコンを付けずに、熱中症に陥ってしまったという事例は多い。これらの事例を踏まえ自動で作動する機能を備えた。
また、大きな「運転開始」ボタンも特徴。心理学に基づく設計で、押しやすさと使いやすさを重視した。また画面表示も見やすい大型液晶となっている。
色はホワイトとベージュの2種類。

関連記事