• HOME
  • ニュース
  • 中古不動産再生主体の新会社「ジェイマークス」設立

中古不動産再生主体の新会社「ジェイマークス」設立

サンフィール(東京都新宿区)は、2012年12月25日に新会社ジェイマークスを設立した。代表はサンフィールの秋元隆弥社長が務める。
ジェイマークスはサンフィールの100%子会社として設立。サンフィールが行う賃貸、サブリース、ビルなどの総合管理業務以外の不動産業務を行う目的で設立。
主な業務としては、中古不動産リニューアル再販業務を主体として展開。そのほか、リフォームやリノベーションの請負い、建物の清掃、各種点検業務などを行う予定。
「今までサンフィールでは賃貸住宅を中心に不動産管理を展開してきました。しかし、管理業務以外のニーズが高まり、不動産の売買や売却、仲介などの案件が多くなってきました。管理においてもクライアントのニーズが多様化傾向にあります。不動産業務をワンストップで提供することでサービス向上につながります。管理においてはアウトソーシング比率を抑え、クライアントの委託料の低減につなげられたらと考え、会社設立に至りました」(同社 秋元社長)
新会社設立に備え、設立後2カ月以内に十数名の採用をめざし2015年には、グループ全体で50名体制で展開する予定。2013年4月には、新オフィスへ移転を行う。

関連記事