愛知県で太陽光発電事業スタート

日本土地建物(東京都千代田区)は、2月14日、太陽光発電事業による売電をスタートさせた。
愛知県小牧市にある同社所有の物流センターの屋根面に、出力830キロワット級の太陽光モジュールの設置を完了。発電した電気は中部電力に全量売電する。年間予想発電量は93・5万kwh(一般家庭の約270軒分の電力量に相当)となる見通し。
今後も、同社では所有物件を活用した太陽光発電事業を展開する。2013年秋に竣工する「日土地虎ノ門ビル」の屋上にも設置予定だという。

関連記事