大容量太陽光発電システムを搭載した新商品発売

ミサワホーム(東京都新宿区)は、8月23日、太陽電池容量10kW以上の太陽光発電システムを搭載する「Solar Max(ソーラーマックス)」の賃貸住宅商品の発売を開始した。
 
商品の特徴は、2階建て延べ床面積30坪台から10kW以上の太陽光発電システムを搭載できる点だ。変換効率が向上した東芝製の太陽電池モジュールを新規採用することにより、10kWの搭載に必要な屋根面積を従来比で約2割小さくすることに成功。加えて屋根材を兼ねた屋根建材型の太陽電池モジュールを採用しているため、屋根材の上に太陽電池モジュールを搭載する据置き型と比べ軽量で屋根への負担も軽減できる。
 
20年間の全量買取方式が適用される10kW以上を搭載することで、より大きな売電収入を得ることが可能だ。
 
同社は今後も商品の充実や提案の強化によって再生可能エネルギーの普及を促進し、太陽光発電システムの搭載率60%を目指すという。

関連記事